ROXY
アジアレポート
香港 HONG KONG REPORT
2006/11/12 No.028
「中国のキムタク」が香港人に。
香港人になったユンディ・リ(李雲迪)
「優秀人材入境計画」というプランをご存知だろうか。今、香港政府が各国の優秀な人材を香港に集めるように進められている壮大なプランだ。
中国大陸を始め、東南アジア、オセアニア、欧米、アフリカ大陸など各国から申請された数々の人材のなかから、第一回目として選ばれた10人の合格者のうち、「中国のキムタク」と呼ばれ、アジア各地で人気のある中国大陸出身の一流クラシックピアニスト、ユンディ・リ(李雲迪)が選ばれ、香港の居住資格を取得した模様だ。

ユンディの他にも同じくクラシックピアニストのランラン(郎朗)や著名な映画監督、五輪金メダリストも含まれ、合格者たちは年末にも香港に移住する予定だという。
ユンディは「香港人になれたら最高!早く香港で演奏会を開きたい」と語っている。


ウィンドウを閉じる